自己分析の大切さ

就活の醍醐味と言える「自己分析」について、多くの就活生は「大切だ」と知りながらも本気で取り組む人が非常に少ないです。

「自己分析」の大切さを肌で感じることなく就活を続け、選考に落ちまくり就活に失敗する頃に初めて大切さに気付くといった現象が毎年続いています。

決してそのようにはなってほしくはないと思うので、今回は自己分析の大切さについてお話ししたいと思います。

 

 

 

 

【自己分析とは自己理解のこと、しかしそれが大切だと思う人が非常に少ない】

「自己理解」とは「自分のことをシンプルに的確に知ること」「自分のことを魅力的に相手に伝えられるようになること」だと思います。

では、それができるとどうなるのでしょうか。

 

 

 

それは…

「相手に自分のことを分かりやすくかつ魅力的に伝えられる」ことです。

料理の例で例えると「綺麗に盛り付けられた美味しそうな料理が提供できる」路いうことです。相手に伝えるべき要素(料理でいうと食材)探して見つけ、それを組み合わせます。そして、それを綺麗に魅力的に盛り付けて相手に伝えます(提供します)。

もし、汚く盛り付けられた料理や具材がいかにも合っていない料理が出てきたらどう思いますか。

決して、その料理を取ろうと思いません。それと同じで、企業の人も自己理解ができていない人を採ろうとなんて思わないでしょう。

 

 

 

いくらインターンに行ったり、SPIを頑張ったとしても自分を伝えられなければ意味がありません。

だから、これを見たあなたはぜひ自己分析に力を入れて取り組んでみてください。

あなたの満足する結果がついてくると思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です