自己分析のゴール

こんにちは、今回は自己分析のゴールについてお話ししたいと思います。

就活生の多くは、「自己分析のゴールがわからない」「終わりがない」と嘆いているかもしれません。

 

 

 

私の考えでは、「自己分析に終わりはない」と思っています。しかし、「就活をする上(面接などの選考)での自己分析はある程度の段階で終わりにしてもいい」とも思っています。

では、「ある程度の段階」とは一体なんなのでしょうか。

 

 

 

【過去・現在・未来が一本化してそれぞれについて語れるレベルの自己分析】

これは「一貫性」とも呼ばれています。つまり、「過去から現在まで変わらない自分の軸(モチベーション)で行動し続け、これからもその軸(モチベーション)で行動し続ける」というものです。

人間は無意識のうちに何かしらの軸(モチベーション)で行動をしているのです。過去に選択してきた様々なことは常にこのような軸(モチベーション)を基準としています。

 

 

 

自己分析では今まで選んだ数々の行動に「なぜ」と問い直して「自分の中に存在している揺るがない軸(モチベーション)」を探していくのです。

例えるのであれば、自分自身のガソリンを探すようなものです。

車はガソリンで走るように、人間も何かしらのガソリン(軸・モチベーション)で走る(行動する)のです。

人間はその軸(モチベーション)で未来も行動し続けます。この軸はほぼ変わる事がないです。

コロコロ変わるかもしれないという軸(モチベーション)は本当の軸(モチベーション)ではありません。

もっと他の軸(モチベーション)、もしくは深掘りする事ができる部分があります。

 

 

 

過去・現在・未来の一本化は非常に見つける事が大変で長い時間かかります。しかし、諦めずに取り組む事で徐々に一本化していきます。

私自身も、この軸(モチベーション)を見つけるまで非常に膨大な時間がかかりましたが諦めずに取り組む事で見つける事が出来ました。

さらに、この軸(モチベーション)を見つけた後の選考では面白いように進んでいきました。

初めて「無敵状態とはこういう事なのか」と感じました。

 

 

 

これを見たみなさんもぜひ諦める事なくこのレベルまでの自己分析をして見てくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です